トップページ > 会社情報 > 沿革

沿革

1927年(昭和2年2月) 個人企業にて岐阜県揖斐郡大野町に於いて創業 沿革
1942年(昭和17年10月) 岐阜県安八郡神戸町に従来の事業所を移転
1948年(昭和23年2月) 合資会社に組織を変更する
1950年(昭和25年1月) 熊本工場の建設に着手、7月から操業開始
1957年(昭和32年5月) 株式会社児玉製籠所に法人化 沿革
1964年(昭和39年6月) 本社合成樹脂成形工場の建設に着手、10月より操業開始
1968年(昭和43年12月) 熊本工場にて合成樹脂成形工場の建設に着手、
翌年7月より操業開始
1969年(昭和44年5月) 株式会社児玉製籠所よりコダマ樹脂工業株式会社に社名変更
1972年(昭和47年3月) 横井工場の建設に着手、同年11月より操業開始 沿革
1975年(昭和50年) ケミカルドラム(複合容器)用内装(ライナー)の開発と商品化
1977年(昭和52年) 農薬槽(呼称:タマローリー)の開発と商品化
1979年(昭和54年) 太陽熱温水器(貯湯用器)の開発と商品化
1980年(昭和55年2月) マウザー社(ドイツ)とオープンドラムの
ライセンス契約を結ぶ
沿革
1980年(昭和55年7月) 栃木工場の建設に着手、翌年5月より操業開始
1981年(昭和56年) コンポスト(呼称:ゴミキエール)生ゴミ堆肥容器の開発と商品化
1984年(昭和59年) 空き瓶分別回収容器(呼称:あきびんポスト)の開発と商品化
1985年(昭和60年) ゴミ回収大型容器(呼称:ポイスター)の開発と商品化
1987年(昭和62年) 苗箱運搬枠の開発と商品化
(昭和62年3月) マウザー社(ドイツ)とオープンドラム・クローズドラムの
製造、製造設備、販売の独占契約を結ぶ
沿革
1988年(昭和63年) 簡易トイレの開発と商品化
1989年(平成1年) 穀物貯蔵タンク(呼称:コクモツバンク)の開発と商品化
1990年(平成2年) UN(国連・国際海事機関の定める規定に合格)取得  
1995年(平成7年6月) ISO9002認証取得(本社工場・横井工場)  
(平成7年12月) 池田工場(クリーン工場)の建設に着手、翌年9月より操業開始 沿革
1996年(平成8年10月) 熊本工場 ISO9002認証取得
1997年(平成9年1月) 栃木工場 ISO9002認証取得
(平成9年4月) マウザー社(ドイツ)とIBC中型複合容器(呼称:パワートート)の
ライセンス契約により製造、販売を開始
1998年(平成10年) ISO9002(改定)拡大一本化
2001年(平成13年) 雨水利用タンク(呼称:ホームダム)の開発と商品化
(平成13年5月) 池田工場 第2期工場増設
2002年(平成14年8月) ISO9002からISO9001へ認証変更
2004年(平成16年12月) ISO14001認証取得
(平成16年5月) フスティプラスト社(イタリア)と
IBC中型複合容器(呼称:パワートートP)の
ライセンス契約により製造、販売を開始
沿革
2005年(平成17年11月) 栃木工場 IBC製造ライン完成 パワートートP製造開始
2007年(平成19年1月) 池田工場 第3期工場増設
2009年(平成21年3月) 経済産業省の戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)採択をうけ多層容器の研究開発開始
2011年(平成23年8月) 4L KX532(池田工場製品)にてCFP(カーボンフットプリント)の
検証承認を受ける。
 
(平成23年12月) OHSAS 18001:2007(労働安全衛生マネジメントシステム)の
認証取得
 
2012年(平成24年5月) 技術本部棟が本社隣に完成し、技術本部を新設した。  
(平成24年11月) 残液対策ドラム(呼称:スマートパワードラム/PL200PW)の
開発と商品化
 
2013年(平成25年3月) 岐阜プラスチック工業株式会社と戦略的業務提携
(平成25年8月) 池田工場で6種6層 多層容器開発と商品化
(平成25年11月) 池田工場で、FSSC22000(食品安全マネジメントシステム)の認証取得  
(平成25年12月) 日本・韓国・台湾で多層容器特許取得  
2015年(平成27年9月)  池田工場で6種7層 多層容器開発と商品化  
先頭に戻る